寄付金:20,000円
ワインなどのボトルを挿すことで自立するボトルスタンドです。ボトルと竹が互いに支え合う姿は、食卓を驚きで包みます。
竹の独特の丸みを生かすように、竹垣製作で培った技術を用いて製作しています。
京都の竹垣職人の手によって、今までの竹工芸品にはなかった革新的なフォルムに仕上げています。
竹の節は人生の節目にたとえられます。
「二十歳になった子に、結婚する娘から父へ、定年を迎える夫へ、還暦を迎える母に」
これまで支え続けてくれた方々の節目に、お酒とともに贈るプレゼントとしても最適です。
京銘竹は、「京もの指定工芸品」に指定されており建築や装飾品、竹工芸品など幅広く利用される美しい竹材です。
その中から斑点が美しい高級素材の胡麻竹を使用しています。

■生産者の声
竹は古くから日本文化の名脇役です。竹籠(かご)や花器、庭園を引き立てる竹垣など「縁の下の力持ち」として活躍してきました。
このボトルスタンドで目指したのは、日本の伝統美で空間を優雅に飾ることです。
時代が変わっても、日本人の暮らしの随所に竹が使われているのは変わりません。
竹工芸の本場、京都で竹垣を作り続けてきた私たちが、竹の良さをより多くの人に知ってほしいと考えて生まれたのが「京銘竹ボトルスタンド」です。
家族だんらんのひと時やゲストのおもてなし、大事な方へのプレゼントにお使いいただければ幸いです。

■内容
・京銘竹ボトルスタンド[1個]

■注意事項/その他
・ボトルの先端を穴に挿し込み、バランス良く立ててください。
・立ちにくい場合はボトルを挿す位置を調整してください。
・ワインボトルのほか、日本酒やビール瓶などでもお使いいただけます。
・転倒の恐れがありますので、ご使用の際は安定した場所でご使用ください。